嵐の中で静かに瞑想 六本木の国立新美術館で「文化庁メディア芸術祭」(産経新聞)

 まるでSF映画から抜け出してきたようなアート作品が、3日、東京・六本木の国立新美術館で開幕した「文化庁メディア芸術祭」の会場で公開された。

 名付けて“瞑想(めいそう)マシン”。中央にいすがあり、鑑賞者が座ってスイッチを押すと、シリンダー内に竜巻が発生。周囲は嵐だが、中央は無風で、舞い上がる微粒子が描く模様を体感しながら、瞑想にふけることができる。ノルウェー在住の芸術家が制作した。

 観覧無料、14日まで。

<救急病院受診>軽症患者の特別料金徴収案見送り(毎日新聞)
<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
小沢氏の進退「本人が判断すること」…首相(読売新聞)
進次郎氏、貴理事当選に“感動”(スポーツ報知)
<訃報>夏夕介さん59歳=俳優(毎日新聞)
[PR]
by kxgydyfjal | 2010-02-05 10:06
スペルボーン(Spellborn)