<新幹線>さよなら「500系のぞみ」 28日で見納め(毎日新聞)

 JR西日本の新幹線電車500系のぞみ号が2月28日をもって営業を終了する。いよいよ東京駅での500系は見納めとなる。

 JR西日本が開発した500系電車は、1997年3月から新大阪−博多間で運転開始。当時世界最高時速300キロの営業運転を実現し、同年11月からはJR東海にも乗り入れ、東京−博多間で「のぞみ」として運用してきた。15メートルに及ぶ鋭くとがった先頭形状と丸みを帯びた車体、翼形パンタグラフを採用するなど、時速300キロの高速化に対応した独特のデザインで、鉄道ファンや子供たちに人気がある車両。すべての車両が電動車で16両編成9本、144両が製造された。

 現在、東京に乗り入れの500系のぞみ号は、一往復のみで、3月以降N700系に置き変わる。「のぞみ」としての使命を終えた500系は、新大阪〜博多間の8両編成「こだま」として運用される。【文・写真 松田嘉徳】

【関連ニュース】
【写真特集】流線型の車体で「男の子の夢」だった 500系のぞみ
【関連】知りたい!:線路侵入騒動 「撮り鉄」の気持ち
【写真と記事で大特集】初代新幹線「ゼロ系」のすべて
【写真で見る】新幹線大図鑑 ゼロ系から最新E5系まで
【写真で見る】東北新幹線:新型車両E5系を公開 ロングノーズが特徴

事務機器入札、空自隊員が官製談合(読売新聞)
6カ国協議再開へ協力=外相と米特別代表が確認(時事通信)
宝塚のブランド買い取り店に強盗、150万奪う(読売新聞)
学生寮、不況で復権 家計に配慮、自ら希望(河北新報)
自称霊能力者の民生委員ら、殺人と殺人未遂容疑(読売新聞)
[PR]
by kxgydyfjal | 2010-03-06 10:37
スペルボーン(Spellborn)